月経前の不快な症状につて|心が休まる環境が大切|安心できる産婦人科
医者と患者

心が休まる環境が大切|安心できる産婦人科

月経前の不快な症状につて

カウンセリング

治療で改善しませんか

「PMS」とはPremenstrual Synsomeという英語の略称で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれる生理前の女性の身心に起こる様々な不快な症状のことをいいます。症状の例としてはイライラや甘いものを無性に食べたくなる、胸が張るなど人それぞれで、その種類は200以上あるとも言われています。これらの症状は多くの女性が抱えていますが「生理前だからしょうがない」と諦めてしまう方も少なくありません。しかし、PMSは病院で治療することで劇的に改善することもありますので、症状が重い場合は病院に行きましょう。ちなみにPMSを診察・治療してくれるのは産婦人科や婦人科、精神科、心療内科などです。まずは産婦人科か婦人科に行き、自分がPMSなのかどうかを診断してもらいましょう。

具体的な治療方法とは

病院に行く前の注意点として、自分が生理になる何日前から不快症状が現れるのか、そしていつ頃それらは改善(軽くなる)のかを日記などに記しておきましょう。更に可能であれば基礎体温を2カ月程度記録しておくこともお勧めです。産婦人科や婦人科での診察は問診がほとんどで、薬を処方される場合は低用量のピルか漢方薬が大半ですが、イライラや抑うつ症状など精神的な症状が顕著に見られる場合は精神科などを紹介されるケースもあります。こちらでは抗うつ剤などが処方されます。病院で処方された薬のうち漢方薬は身体に負担がかからず、PMSの症状を改善させてくれるので、多くの女性から支持されています。但し、即効性は期待せず、継続的に飲み続けることが大切です。